ロボット教室のプライマリーコースってどんな内容なの!?子どもの習い事としての将来性もふまえてまとめてみました!

ヒューマンアカデミーロボット教室のプライマリーコースは5、6歳を対象としています。

幼稚園児から小学校1年生くらいを対象としたコースです。

ブロックやパズルに興味があって、好きな子であればオススメの習い事ですよ。

実際に、どんなことをするのか説明していきましょう!



プライマリーコースの教材とテキストについて


human_primary.jpg

プライマリーコースの教材は、ベーシックコース、ミドルコースと全て同じものを使えるようになっています。

ロボット教室は月に2回×90分です。

ひと月に作成するロボットはひとつ。

プライマリーコースの期間は、12ヵ月なので単純に考えると12個のロボットをつくることになります。

「最初に支払うロボットキットだけで足りるの?」

「追加して教材を買う必要があるんじゃないの?」

確かにこういった疑問が浮かびますよね。

ですが、教材はプライマリーコース、ベーシックコース、ミドルコースの場合には最初に購入したものだけで追加購入することはありません。

なぜかというと、ひと月毎に完成したロボットは次の月には分解してしまうからです。

教材を買った状態に毎回戻して、いちから違うロボットをどんどん作っていくことになっています。

12個もロボットがあって、置く場所に困るという心配もありませんよ!

違うのはテキストの内容です。

プライマリーコースは、幼稚園児を対象としているので、文章に漢字がほぼありません。

ひらがなで作られているといっていいでしょう。

他のコースに比べて写真も多く、みてわかるようなテキストになっています。

そのテキストをみながら、ロボットを組み立てていくので、難しいということはないですね。

その過程で、「部品がどんなものなのか?」

「どこに使うものなのか?」

「部品がいくつ必要なのか?」

いろいろと試行錯誤することによって、部品の役割や名前を理解したり、部品の必要数など数える力もついていきます。

幼稚園児くらいの子には、自分で考えるくせをつけてあげることが大切です。

まだ、小さいからといって横からすぐ教えてあげることもいいことだとは思いますが、しばらく見守ってあげることも必要だと思います。

自分で理解して出来た時の達成感と笑顔は、教えてあげていたら得られないものですよね。

いろいろな考え方があるとは思いますが、あえて見守ってあげる。

考える時間をゆっくりと与えてあげることも教育にとって重要なポイントだといえるでしょう。

どんなことが身につくのか


human_course.jpg

先ほども少し触れましたが、部品の名前を覚えたり、数を数えること。

他にも、ロボットを組み立てている時の集中力や想像力も身につけられるでしょう。

そして、子どもの頃にしか身につけられないとも言われている力があります。

それは、「空間認識力」です。

空間認識力は、三次元空間で物体の「位置・方向・大きさ・形状・間隔」などの状態を、すばやく正確に把握する能力のことを言います。

じゃあ、この空間認識力が何に役立つのか。

あらゆる場面で活躍しているんですよ。

簡単なところでいうと、方向音痴にはならない。

三次元空間で生活する中で、自分のいる場所がしっかり理解できているので、迷子になるということがほぼありません。

運転に関しても同様のことが言えます。

車との間隔がすぐにわかることです。

このスピードだと、このくらい進んだらぶつかってしまうから開ける必要があるなど。

当たり前のことかもしれませんが、この能力が長けていることによって事故を起こしづらいことに繋がっているんですよ。

他にはものを作る時の設計など。

いま現状、パーツがいつくかあるとします。

完成させるためにあとどんなパーツがいくつ必要なのか的確に理解することができるんです。

こういった身近な生活で空間認識力は使われています。

社会でももちろん必要な能力なので、必要不可欠と言ってもいいでしょう。

実際にかかる費用について


費用はいくら.jpg


実際に入会してからかかる費用ですが、次のようになっています。

プライマリーコース、ベーシックコース、ミドルコースは全て同じです。

 入会金 :10,800円
 教材費 :30,780円
 月謝  :9,720円
 テキスト:540円
 別途維持費等が必要。

アドバンスプログラミングコースは、追加のロボットキット代として入会時に支払った教材費くらいが必要になるようです。

初期費用の入会金、教材費、テキスト代を除けば、月々1万円程度ですね。

英会話やスイミングの習い事と比べても月々の料金に差はほとんどないと思います。

お子さんにどんなものが向いているのか、いろいろ体験させてあげることも重要です。

どんな習い事でも無料で体験できると思うので、親子で参加して見ることをオススメします!

まとめ


先生と子供.jpg

こどもは3歳から5歳くらいに成長のピークをむかえるとも言われています。

この頃に体験したことが将来もっとも重要な役割を果たすことでしょう。

いわゆる成功している人たちの共通点はなんだと思いますか?

みんな小さい頃から始めたことが将来そのまま活躍の場にできているということです。

それぞれ活躍の場は違いますが、物心ついたころから興味をもったものに取り組ませてあげることが大切だと思います。